施術後の注意点

看護師

ダウンタイムを確認

二重まぶたの美容整形にも、ダウンタイムが存在します。埋没法・切開法のどちらも施術後に痛みや腫れが起こる場合がありますが、1週間ほどで治まります。ほかにも内出血が出ることもありますが、埋没法の場合は約1週間、切開法の場合は1~2週間で引いていきます。口コミに書いている方もいらっしゃいますが、内出血が出てもメイクでカバーできる程度なので、あまり気に病むことはありません。それでも周りの目が気になるという方は、髪型を変えたり、リップを明るめの色にしたりと、目元以外に視線が行くように工夫してみると良いでしょう。二重まぶたの美容整形を受けた方の口コミの中には、ダウンタイムをどう乗り越えたかという声もあるので、そちらも参考にしてみてください。

施術後の行動

埋没法の場合は、翌日からメイクが可能です。そのため、内出血が出た場合でもすぐにメイクでカバーできます。また、洗顔や入浴も翌日から可能なので、普段の生活とあまり変わらず過ごせます。ただし、施術箇所に痛みが出たりしみたりした場合は、数日様子を見るようにしてください。それでも治まらない場合は、医師に相談しましょう。ほかにも、運動やフェイスマッサージを習慣にしている方も多いですが、施術から1ヶ月は控えるようにしてください。それでも運動をしたいという方は、軽めのウォーキングなど内容によっては許可が出る場合もあるので、医師に確認しておきましょう。
切開法の場合は、埋没法より制限期間が長くなります。メイクや洗顔は、およそ1週間後から可能です。その間は、眼鏡を使用するなどして目元をカバーすると良いでしょう。入浴は2日後ぐらいからできます。入浴時は施術箇所を濡らしたり、強くこすったりしないように意識してください。シャワーなら施術当日から可能ですが、顔を濡らさないように注意しましょう。切開法の場合も、運動やフェイスマッサージは1ヶ月ほど控えてください。口コミの情報から、二重まぶたの美容整形を受けた方が施術後に気をつけたこと、控えた行動についても知ることができるので、目を通しておきましょう。施術後は、なるべく目元を刺激しないように行動することが大切です。二重まぶたの施術の効果がきちんと出るようにするためにも、医師の指示に従ってください。

目を酷使しない

コンタクトレンズを使用している方も多いですが、二重まぶたの美容整形後は時間をおいてから使用するようにしてください。埋没法の場合は、施術の2日後から使用できます。切開法の場合は、施術から1週間ほど経ち、抜糸が終わってから使用できます。それまでは眼鏡を使用してください。切開法の施術を受けた当日は、なるべく目に負担をかけないようにする必要があります。テレビやパソコン、スマートフォンの利用は避けて、早めに休むようにしてください。また、読書も目に負担がかかるため避けたほうが良いでしょう。ラジオや音楽を聞きながら目を休めるなど、施術当日の過ごし方についても口コミ情報は参考になります。
二重まぶたの施術後は、目元が熱っぽくなることもあります。その場合は、保冷剤をタオルで巻いて冷やすなど、傷口を濡らさないように気をつけながら冷やしてください。目を酷使しないように過ごして、何か異変があればすぐ美容クリニックに連絡しましょう。緊急性はないけど気になることがあるという場合は、抜糸のために通院する際医師に相談してみてください。自己判断は危険なので、医師の判断を仰ぐようにしましょう。